背中の効かせるトレーニング ワンハンドロウ

種目は効くならなんでも良い

無責任に聞こえるかもしれませんが、効かせるトレーニングの種目は、効くならなんでもかまいません。

youtubeで30㎏までのダンベルの効かせる種目を教えてくださいと書き込みいただきました。

ターゲット部位の指定もなかったので、適当に、ワンハンドロウをご紹介する動画を作りました。

理由は、ワンハンドロウが説明しやすいからです。

種目はなんでも良く、問題なのはやり方。

自分にとって、最も効く種目を選択すればよいだけです。

もしくは、自分にとって効きやすいように工夫していくだけです。

基本的なやってはいけないことはあります。

ワンハンドロウでやってはいけないこと

①体幹をロウリングさせない。

背中を使わず体の回転でダンベルを上げ下げするのはNGです

②下ろすとき、重量にまかせてダンベルを落とさない

エキセントリック筋収縮を意識するのは、あらゆる種目で共通です

③効く部位を意識せず、ただ単に上げ下げするのはNG

この動作でどこに効いているかの意識をしていればフォームは自然と決まってきます。

もし、ワンハンドロウが後部三角筋に効いているなら、後部三角筋の種目として採用すればよいだけです。

効かせるワンハンドロウのテクニック

①ワンハンドロウは、ドロップセットは使いやすいので利用する

②筋肉は収縮しようとしているが、ダンベルで引っ張ってもらう感覚を大切にする=エキセントリック筋収縮

③最後の追い込むためだけに、すべてのセットは存在します。

つぶれてからフォームを崩さないようにして追い込む

後は動画を参考にしていただければ幸いです
分からないことは遠慮なくLine@でご質問ください。
Line@,youtubeの登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です