ベンチプレスの発想を変えよう

ベンチプレスは人気種目です

ベンチを好きな人は多いものです。

ベンチで高重量を挙げるのは自慢になる場合もあります。

私自身もそういう時期がありました。

160㎏を挙げ福岡県ベンチプレス大会で優勝した経験もあります。

だから、高重量ベンチの挙げ方のご指導もお手の物です。

しかし、筋肥大トレーニングにおいては、ベンチプレスもひとつの種目にすぎません。

ビルダーの中には、ベンチプレスをやらないという人もいます。

ベンチが効くならやればいい。

ベンチ以外の種目が効くならそちらをやればいい。

高重量ベンチが好きなら、大会でそれを競えばいい。

大胸筋の筋肥大だけを考えたなら、高重量ベンチよりも効かせるベンチが効果的と考えるのが効かせるとレーニングです。

重量自慢のベンチプレスに巻き込まれて怪我をした人も、たくさん見てきました。

初心者が、そういう悲劇に陥らないように、効かせるベンチをご説明できればと思っています。

ベンチ関連の動画も、Muscle TV LBGYM では、たくさんアップしてきました。

参考にしていただければ幸いです。

 

ベンチプレスの基本動画

①胸をはる

②肩甲骨をつける

③肩が浮かない

④足でふんばる

高重量ベンチ=ベンチは挙げるのではなく押すのだ!

脚でベンチを挙げれば高重量が挙がる。

それは効かせるベンチとは別の種目です。

高重量を狙うベンチプレス動画

高重量ベンチと効かせるベンチは、まったく別の種目です。

高重量ベンチでは、ブリッジなどの高重量を挙げるテクニックの習得が必要です。

効かせるベンチプレス動画

効かせるベンチは、通常のベンチプレスの発想を捨てないと効果ありません。

重量ではなく効かせること

つぶれてからが筋肥大トレーニングです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です