個人の特性に応じた指導ができるGYMが良い

筋トレのやり方は千差万別

ざっと思いつくパターンを書いてみます。

①高重量を目指すことで筋肥大させる人
②重量は関係なく、筋肉に効かせて筋肥大させる人
③乳酸を溜めて追い込むことを中心に筋肥大させる人
④バーベルは使わず、自重で筋肥大させる人
⑤インターバルを短くして、ひたすら追い込んで筋肥大させる人

LBGYM、26年の指導で、筋肥大に、ある程度成功させた方々を見てきて、筋肥大方法は、人それぞれだと痛感しています。

多くの場合は、上にあげたパターンを組み合わせてトレーニングしてる場合が多いです。

兎に角、ワンパターンで、「高重量を持て!」では、トレーニング指導としては正しくないのは明らかです。

各個人の特性に応じた指導ができるジムを選びましょう。

高重量持つのも良し、軽い重量で効かせるのも良し。

初心者の方は、自分が、どのパターンに合うかわからないので、専門的なトレーナーがいるGYMに通った方が効果が出しやすくなります。

高重量トレーニングが、唯一無二のトレーニングだと思ってる方々に、邪魔されないようなGYMを選ぶのが大切です。

下の動画は、スタミナがあり追い込める人に合ったトレーニングをご紹介してる動画です。

ジャイアントセットで三頭筋を責める動画。

こういうトレーニングをするかしないかは個人の選択。

ただ、こういうトレーニングもあると知っておくと、トレーニング方法を考えるヒントになります。

また、GYM選びの参考にもなるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です